2年使ったバーミキュラ リペアの流れと衝撃のbefore

こんにちは。
web内覧会の途中ですが、今日はわがやのお鍋についてのお話です。
少し前にリペア依頼をしました。

約2年使ってホーローが剥がれたバーミキュラ(衝撃画像)がリペアによってどのくらい綺麗になったのか。
今回はリペアに出すところまで。バーミキュラが戻ってきたらまたご報告します。

それではどうぞ。

スポンサードサーチ

鋳物ホーロー鍋バーミキュラ

皆さんはバーミキュラご存知でしょうか?
名古屋にある愛知ドビーという会社が作っているホーロー鍋です。
手作りで作られていて、気密性が非常に高いため無水料理が得意。無水なので素材の旨味を引き出してくれるのです。
そして国産なのもポイントが高いです。(ストウブも持っている私がいうのも、なんですが)
あと他のホーロー鍋で有名な「ストウブ」や「ル・クルーゼ」との違いはリペア(ホーローの再コーティング)をしてくれるというところ!

一時期は人気が出過ぎて注文してから一年以上待ち、というときもあったようですね。

バーミキュラ オーブンポットラウンド 22cm ナチュラルベージュ NBG22R
created by Rinker

バーミキュラ購入まで

わがやの炊飯の歴史

記憶にある限り、ずっと電気炊飯器でした。

当時息子2才・娘を妊娠中、つわりで炊飯器から出る蒸気のにおいがダメになり、短時間で炊けるものはないかと考え圧力鍋を使い始めました。
浸水する時間を除いて20分もあれば美味しく炊けました。
蒸気が出ている時間は5分ほど。炊飯器に比べると格段に匂いが少なく快適そのもの。

圧力鍋炊飯を初めて1年ほどした頃、確かテレビでバーミキュラが紹介されていたのを見て知ったのだと思います。
無水カレーがとにかく美味しそうで。調べると炊飯もとても美味しくできると。

鍋炊飯の簡単さと、美味しさを知っていたのですぐに欲しくなりました。
ネックは注文から到着までの待ち期間が長いこと。そしてお値段でした。

当時の炊飯方法で問題がなかったので待ち期間が長いのは待てるとしても、お鍋に3万近くも…と思っていたのですが、旦那さんに相談したら「買ったらいいんじゃない?美味しくご飯ができるならいいと思うし、注文まで時間がかかるならすぐ買ったらいいのに」
なんと!!!

今までアルミ鍋ばかり使っていてホーロー鍋は未体験だったので一応現物を見たいと思い、早速取扱店舗を探して百貨店へ見に行きました。
ちょうど実演販売をしていたので、疑問に思っていることを聞いたり、サイズ選びの相談にのってもらいました。
そしてその場で注文。
これが確か2016年12月ごろだったと思います。うろ覚え。

2017年5月 バーミキュラ22cm 到着

8ヶ月待ちと聞いていましたが、ある日突然届きました。
サイズは22cm、パールグレーを選びました。
炊飯をメインにする予定だったので炊飯量が今後増えても対応できる、バーミキュラのレシピで使われているお鍋が22cmが標準だったことも決め手になりました。
今まで使ったことがない鍋だったのでまずは基本通りに作ってみようと思いました。

炊飯メインで買ったくせに最初に作ったのは無水カレー。
皆さん無水カレーから始める方多いんじゃないでしょうか?


初めて作った日は写真を撮っていました。
加熱始めが上の写真。弱火で1時間たったものがこちら。

ルゥを入れる前なので色が悪いですが。
かさが減って、下の方には野菜から出た旨味たっぷりスープ。
この後ルゥを入れて少し煮込んで無水カレーの出来上がり。
ちなみに完成画像は撮っていませんでした。なぜ。

これ以降、ほぼ毎日炊飯鍋として利用していました。

スポンサードサーチ

2019年4月 リペア

すみません。下に衝撃画像あります。
心の準備が整った方だけスクロールしてください。

 

 

 

 

 

リペアに出す直前に写真を取ろうと思っていたのに忘れてしまい、画像を探して見たらありました。
2018年10月。栗ご飯を作った時の画像です。

淵に赤茶っぽいサビ。薄茶色いところはホーローがあってツルツルしていますが、淵周りのベージュのところはホーローが剥がれてザラザラ。

ひどいです。手入れが甘かったのかな?
リペア出したいなーと思いながらも鍋底はツルツルしていたのでだましだまし使用していました。

そして年明け2019年1月コストコでストウブ ココットdeゴハン(通称ココハン)のLサイズを購入し、22cmでの炊飯はほとんどしなくなりました。
このお鍋も後日ご紹介します。

リペアに出している間に煮込み料理ができないからどうしようかなーと悩み、2月には18cmのパールグレーのバーミキュラを追加購入。なんか勢いです。

2019年4月リペア依頼

そして時は流れ。やっとリペア依頼の電話をかけました。
私、電話がすごく億劫で。スマホ持ってますが主にLINEとネット閲覧しかしないです。

ワンコールでオペレーターさんにつながりました。
リペアをお願いしたいと申し出ると、バーミキュラのオーナー情報に登録されている電話番号からかけていたので購入製品、名前、住所等言わなくても登録情報から拾ってくれました。

いろんなコールセンターに電話をしますが大体音声案内→待たされる→本人確認のお客様番号うんぬんかんぬん。長いですよね。
電話番号だけで拾ってもらえるなんて素敵システムだと思いました。

この電話でカラー変更希望、鍋の引き取り日時指定、さらにはリペア後の鍋の到着日時指定までできました。
発送前に入電希望も聞かれましたが、出られないことも多いので辞退しました。

GWを挟むので通常よりもリペア期間が長く、
4月17日リペア依頼

5月16日到着
となりました。
私が電話をするのが面倒で遅くなったので、リペア期間が長くても文句言えません。

クロネコヤマトで引き取り

購入時の箱はもうなかったので、適当な段ボールに新聞紙を緩衝材として使って包みました。蓋と本体は別々に包んで割れを防止して欲しいと指示があったのでその通りに。
隙間にも新聞紙を適度にくしゃっとして詰め込んで。
電話の翌日4月18日引き取り発送。

まとめ

もっと早く電話すればよかった!です。
電話口の方の対応も優しくて丁寧。
リペアから戻ってくる日時もあらかじめわかっているので安心です。

早くきれいなお鍋で戻っておいで。
カレーが作りたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です