《web内覧会2019》寝室1 大きなニッチとエコカラット、そして逆さまベッドの謎

こんにちは。いよいよ1階も最後の内覧会となりました!
出来るだけ詳しくと心がけて始めた内覧会もなんとか終わりが見えてきましたよ。ふぅ。
最後までどうぞお付き合いくださいませ。

わがやの寝室は一階にあります。リビングとつながっていて子供達も一緒に寝ているので現在は平屋のような暮らしをしています。

場所はコチラ。

それではどうぞ。

スポンサードサーチ

寝室への要望

  • 広さは必要最低限
    →寝るだけの部屋なので広くなくて良い(セミダブル2台)
  • ゆったりできる雰囲気
    →睡眠の質を上げたい
  • ベッドの枕元にコンセント2つ以上
    →スマホ充電用
  • エコカラットを採用したい
    →空気をきれいに
  • 壁掛けでテレビが見られるようにする
    →下地・配線・コンセントを予め用意
  • エアコン1台つける
    →寝ているときに直撃しないようにする
  • ドアには鍵をつける
    →将来子供の友達が遊びにきた時に入られないように
  • リモコン機能付きの明かりにする
    →ベッドから出なくてもONOFFできるように

《web内覧会》寝室

1階で唯一のドアは存在感を隠したい

リビングのテレビの奥が寝室への入り口のドアです。

家全体での要望として引き戸を希望していました。ですが寝室のドアだけは引き戸のスペースを取ることができずドアです。
ドアだと壁が有効に使えなかったり、開閉の時にドアの向こう側の人にぶつかるというデメリットがありますが、物を置いたりすることもないし頻繁に行き来する場所ではないのでここはドアでも何の問題もありませんでした。

もう少し近づくと左手には階段下収納の扉も見えてきます。

《web内覧会2019》階段下収納1 テレビ周りのものをひとまとめ!収納内部公開

ドアはLIXILのファミリーラインパレットCMAホワイトオーク。(現在はラシッサDパレットと名前が変わっているようです。)
出来るだけ存在感を無くしたかったのでつるんとしたデザインのドアを選びました。

ドアのどちらからでも使えるチャイルドロック

ハンドルはくねっとしたサークルGです。アイアン調のブラック。
ハンドルの上にあるのは寝室側からロックをかける鍵です。
でもこの鍵、トイレや脱衣所の戸につけた鍵と同様に、片側からしか開閉ができません。外からしめるにはどうしたものかな、とカタログを隅々まで読んでいたら「チャイルドロック」を見つけました。

画像お借りしました

子供が届かない高さ(床から1500mm)に両側から施錠ができる。と説明に書いてあり、これだーーーー!と採用。ドアの両面同じように形状の鍵になっています。

なぜ外からも鍵をかけたかったかというと、子供ってドアというドアを開けて何があるか見たがりませんか?
プライベート空間である寝室に子供の友達等が入ることに抵抗があり、チャイルドロックを採用しました。
6歳息子は踏み台を持ってきたら手が届くようになり、開けることができるようになりましたがもう言えばわかります。

欲を言えば取り付け位置が変更できたらよかったのですが、それはできず。また、こちらは特注対応です。

そして今気がついたのですが、素材もちゃんとハンドルと同じアイアン調のマットブラックです。カタログはシルバーなので、ちゃんと工務店が合わせてくれてたんですね。

部屋を仕切る壁で二つのスペースに

部屋に入ると見えるのはベッド。

間取りを見てわかるように、寝室は一部壁で仕切られていて、寝室と書斎を兼ねています。
なので一部屋の広さは10帖なのですが、寝室スペースは8帖ほどになります。

この間取りは別の工務店で相談した時の間取りからマネさせてもらいました。元々はウォークインクローゼットだったのですが、壁を作ってL字に空間を作るというのをマネっこ。

別の工務店で相談した間取りの記事はコチラ。

こちらも良かった!リノベーション検討中のボツになった間取り

この部屋もわがやではおなじみとなっていますが、壁が1800mmで抜いてあります。他の部屋の天井抜きの高さよりもさらに低く、8帖広さでも狭さは感じていません。
書斎で夜寝ている時に作業をすると灯りが漏れるのがデメリットかな?
でも現在は書斎として機能していないので使っていないです。

エコカラット

仕切り壁は一面エコカラット。主張しないようにベーシックなものを、と旦那さんが決めたのがこのエコカラット ファインベース ホワイト(ECP‐303/NN0)です。

調湿効果や脱臭は目には見えないので正直わからないのですが…デザインとしてスッキリしながらもいい眺め。
調湿効果とかは入居後に設置していたら差が出てよくわかったかもしれませんね。

ちょい置きスペースに大きなニッチとコンセント

ベッドの近くにスマホや本などを置けるスペースが欲しくてお願いした大きなニッチ。このサイズはニッチというのか不明ですが、つけてよかったです。
時々ぬいぐるみがずらっと並んでいる時もありほっこりしています。
ニッチサイズは高さ280mm幅2110mm奥行き120mmです。

寝る時に充電もしたいので一口コンセントを左右につけました。
ここだけPanasonicのアドバンスシリーズではありません。確か一口コンセントのサイズが合うのがなかったと言っていたような気がします。
ちょい野暮ったいけどプライベート空間なのでまあいいかな。

子供の安全第一 ベッドは逆さま

ベッドフレームは無印良品。子供と寝ることを想定してサイズは二つともセミダブルです。本来はヘッドボードがある方向が頭の位置ですが、子供が落ちる可能性があるのでヘッドボードが足側にある状態です。
ヘッドボードと壁に囲まれていて落ちる心配はほぼありません。

マットレスはニトリポケットコイルマットレス(デュアルP HGシルキー)です。

引っ越しを機に選んだベッドなのですが、ベッドの足の高さに加えてマットレスも含めると55cmもあり、寝ている時に落ちると危険なのでこの状態でずっと寝ています。

長くなったので続きます。
最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です