お雛様飾りました わがやは新旧混ざったお雛様

こんにちは。今日は立春。
わがやは娘がいるのでお雛様があります。
季節の飾りって期間限定なので少しでも長く楽しみたいと思い、今日出しました。

スポンサードサーチ

お下がり雛人形は良くないのか

わがやのお雛様は私のお雛様と、娘のお雛様飾りを組み合わせて完成です。

娘が生まれた時にお雛様のお下がりについて色々調べましたが、お下がりが良くない、と言うことを意見もたくさん見ました。
どんな意見があったかというと

  • 一人に一飾り用意する
  • 子供の身代わりになるから厄を引き継がせてしまう
  • 雛人形はお守り

という感じでした。
姉妹のお家は人数分だけ本当に用意しているの?と周りに聞きましたが、共用だったという話ばかりでした。スペース的にも、金額的にも現実的ではないですよね。

もちろん新しいお雛様がダメというわけではないんです。
ただ、亡くなった母方の祖母からのお雛様に思い入れがあったし、まだまだ綺麗で飾ることができるのに処分したりするのがかわいそうで。

私だけの意見で決めるのは良くないので、旦那さん、義実家とも相談してお下がりすることにしました。誰も反対する人がおらず一安心。

飾るのはここ!

飾る場所はあらかじめ決めていた蓄熱暖房機の上です。
まずポスター等をどかし、掃除をしました。さっぱり。

飾る準備を始めたらやってきた3歳娘。
ワタシモ テツダウ!

めちゃめちゃやる気満々で手近な箱から開けてくれます。
人形本体は怖くて触らせませんでしたが、来年は戦力になるかな?

スポンサードサーチ

私のお雛様

実家にある私のお雛様は8段飾りのかなり大きなもの。全てを引き継ぐことはスペース的に無理なので、男雛女雛のみを引き継ぐことにしました。

屏風と畳、赤の毛氈も当時のもの。痛みもほとんどない状態です。

そのほかの人形は人形供養に母が出してくれました。
大きい分、組み立てや片付け本当に大変だったと思いますが、毎年出してくれて本当に感謝です。

3歳娘、まだ途中段階ですが写真撮って!と。
嬉しすぎて動きすぎてモザイク処理してもないのに自動モザイク笑
気に入ってくれている証拠でうれしいです。

娘のお雛様飾り

全体の写真はこちら。一気に華やいだと思います。
雛飾りは息子の五月人形を購入した人形屋さんで母が購入しました。吊るし雛、名前旗、七宝鞠飾りの3点です。

吊るし雛

縁起の良いものがたくさん吊るされています。
デザインが可愛らしい。

名前旗

名前と生年月日がバッチリ入っているのでモザイク処理させていただきました。
見づらくてすみません。

正統派ピンクではなく、オレンジも混ざっているような色味が気に入りました。母とも意見が一致。

七宝鞠飾り

想像よりだいぶ大きかった!

私は吊るし雛と名前旗だけでも十分だったのですが、母がこの鞠を気に入ったようで、これも買うから!っていう感じでした。

購入時は母と決めたのですが、その方法が母がお店で写真を撮らせていただきLINE経由で写真を見たんです。
だからサイズ感あまりわかっていなくて。存在感!

七宝鞠飾り

輪と輪が延々と繋がれる七宝文様は和と和が繋がれ
家庭円満、子宝、繁栄の願いが込められ、
また、七宝鞠は無限に連鎖する円満や財産の意味が込められ、
大変縁起の良いものです

と説明書きが入っていました。

でもこちらも可愛くてお気に入り。やはりこういう時、母とは趣味が合いますね。

おまけで手のひらサイズの七宝鞠をいただきました。黄ばむのが怖くて子供には触らせていませんが、本来は遊ぶものなのかな?

スポンサードサーチ

わがやのスタイル

お下がりってどうなの?と思いましたが、考え方は人それぞれ。親から子へ思う気持ちが伝われば良いのではないかな?というのが私の気持ちです。
さらに本人が気に入っていれば問題ないと思います。
これから一ヶ月、華やかなリビングです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です