《web内覧会2019》寝室2 シンプルな寝室のインテリアスペースとリコモンスイッチ

こんにちは。
年末、年賀状を作らなきゃと思いながらなかなか始められません。やり始めると凝ったものを作りたくてハマってしまうのがわかっているので早く取り掛らねければ。

では寝室の内覧会の続きです。

それではどうぞ。

スポンサードサーチ

《web内覧会》寝室 

将来は壁掛けテレビ

寝室に入って左の壁には将来的にテレビを壁掛けで見られるようにした時のために、下地とコンセントが設置してあります。
ベッドの足元の方になる壁なので寝ながら見ることができるように、と。

私はテレビは寝室には要らないと思ったのですが、旦那さんの希望です。
子供が生まれる前はテレビをつけたままじゃないと寝られないなんて言っていましたね。
友達に言ったら、友達のお父さんも同じだったと言っていてびっくり!意外と世の中には多いのか??

壁紙はシンコールBB9466レンガ調のものです。ファミリークローゼットでも使用しています。

《web内覧会2019》ファミリークローゼット3 窓がないファミクロの気になる湿気の現状

シンプルな寝室にあるインテリアスペース

ここは何かを飾る予定で作ったわけではなく、階段下収納を寝室側にふかしたためにできたスペースです。
棚は固定になっていて奥行き190mm幅750mmです。

階段下スペースの記事はコチラ。

《web内覧会2019》階段下収納1 テレビ周りのものをひとまとめ!

ベッドの周りに家具や物を置いていると、地震が起きた時に倒れてきて危ないので出来るだけ物を置きたくありませんでした。そうすると殺風景になってしまうのですが、ここでインテリアも楽しむことができるので合ってよかったです。

旅行で行った神戸どうぶつ王国で買ったかわいいイラストの時計が寝室で活躍中。
普段はインテリアに馴染むかな、とかよく考えてから購入するのですが、12時のところにいる柴犬のイラストが、実家のわんこに似ていて買ってしまいました。なのに12のところに秒針が来ている…!!
イラストレーターのふじいまさゆきさんが直接販売していました。

ふじいまさゆきさんのブログです。

スイッチは二つ 一つはリモコン

入り口すぐ左にスイッチが二つ。これは寝室と書斎のスイッチです。
左は書斎のスイッチでPanasonicのアドバンスシリーズ。

右は寝室のスイッチです。
リモコンタイプがいいと思って探したのがPanasonicの「とったらリモコン」。
本当はデザイン的にもアドバンスシリーズがよかったのですが、リモコンになるタイプがありませんでした。

画像お借りしました

今調べたらアドバンスシリーズからも2018年に発売されてる!!

とったらリモコンはマグネットでスイッチにくっつくようになっていて、そのまま押してもオンオフができます。

スイッチから外すとオンオフと明るさの調整、オフタイマー機能が使えます。
このスイッチが小さくて薄いのでベッドの隙間とかに入ってよく行方不明になります。
ニッチに置いているはずなのにいつの間にかなくなるんですよね。無くなったのを探すのがストレスで、最近はあまり使っていませんが便利だとは思います。

旦那さんの筋トレ用 懸垂バー

家づくり雑誌を見ている時に、家の中に懸垂をするためのバーを設置してある家を見た旦那さん。家のどこかに設置したいと言ってつけてもらったのは寝室と書斎の間。
既製品ではなく、オーダーだと思います。これ…使っていません。

取り付け位置は旦那さんが指定したのですが、私ではジャンプ力なさすぎて届きません。

エアコンは最初からココ

以前のアパートではベッドの向きをどうやっても誰かがエアコンに直撃してしまい、旦那さんが犠牲になっていました。
エアコンを使うのは夏のみなのですが、冷気が直接当たるのはやはり辛いです。
だから新居ではエアコンは体に当たらない位置にしたいというのは当初からの希望でした。

そして決まったのが現在の位置。
ここだと書斎との仕切り壁もあり直接当たることはありません。

わがやは不便を感じていたのでエアコン位置を考えながら間取りを考えられましたが、現状不便ではないところって想像力が働きづらいので忘れがち。
逆に旧居で不便でなくて、現状不便なところももちろん出てきています…
現在家づくりを考えている方、想像力を働かせて考えてみてくださいね。

長くなったので続きます。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です