楽天ROOMに購入品まとめてます

【厳選】リビング学習のお供に!充電式鉛筆削り&スタディシート

スポンサードサーチ

スタディシート

現在リビング学習をしているのは主にダイニングテーブルです。
スタディシートがあると片付けがスムーズになりますよ。

わがやが購入したのはこちら。

サイズは475×345×60mm
滑り止めのシールがついていましたが、使っていません。

勉強中に出る消しカス、結構な頻度で机の上に残ったまま。
3歳娘は鉛筆・ペン類のはみ出しも気になります。

そこでリビング学習用のスタディシートの導入を検討しました。

リビング学習が主流になって、同じ悩みを持つ人が多いからか価格やデザイン等様々なものがありますがわがやが選んだのはこちら。

  • 低価格
  • 立ち上がりがある
  • シンプルデザイン

低価格

スタディシートはリビング学習のおともとしていろいろなところから様々な種類で販売されています。

価格も機能も様々ですが、まずはお試しで購入したかったのでお手頃価格のものを。

買ったものの、使わなかったら悲しいですよね。

立ち上がりがある

フラットなデザインだと、悩みの消しカスが落ちてしまうと考え、立ち上がりのあるものを探しました。

消しかすも集めやすいし、捨てやすい。

シンプルデザイン

こども用のものですが、リビングに片付けるのでシンプルなものを選びました。

半透明なのでちょっと無印良品っぽくないですか?

収納場所は本棚

使うモノの住所を決めておくと準備も片付けもスムーズ。
ということで、収納場所は本棚です。

学校の教科書やワーク類を収納している上の棚に片付けています。
使うときだけダイニングテーブルへ移動させ、終わったらお片づけ。

スタディシートはフックをつけて本棚のサイドに引っ掛けています。
最初からボールチェーンがついているのでそれを利用。
サイズが大きいので、吊るした方が場所をとりません。

購入して良かったこと

鉛筆削りは時短になります。
オートなので削りすぎ、削れてないがありません。
また、芯が折れてしまうこともなくなりました。
今まで無駄に力が入っていたみたいです。

ゴミ捨てもまとめてできるし、こどもが一人でやっても散らからないのでストレスフリー。

スタディシートは消しカスが残ってイライラすることがなくなりました。
何より今から勉強するという切り替えができるようになったと思います。

もう少しこうだったら良かったと思うこと

鉛筆削りはもう少しデザインがカクカクっとしていた方が好みです。完全に主観なのですが。

素材感がマットなので明るい色を選ぶと削りかすの黒がつきやすそうです。
アイボリーよりもホワイト系の汚れがつきにくいツルツルだったら良かったな。

あとは音が結構大きい。
短時間ですが、お昼寝する赤ちゃんがいたりすると敏感な子は起きちゃうかも。

スタディシートについてはサイズがもう少し大きかったら良かったかな。教科書とノートを一緒に広げるのは狭いです。
まだプリントしか宿題がないのでいいですが、今後宿題の内容が変わってくると狭く感じるかも。

そういう時はこういうのを買ったら解決するかな?

囲いもあるので集中力が上がりそう。
今後の勉強の具合によって検討します。

最後までお読みいただきありがとうございました。

1 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です