【外構】玄関周りに彩りを!お花の植え替えをしました

こんにちは。
今日3月19日は入居3年の記念日です。
引っ越しなのに残工事の山でこの先どうなるのか不安あり、期待ありの1日を過ごした思い出深い1日。

工務店とのトラブルも日々の記事の間にぼちぼち書いていこうと思っていますので、よかったらまた見にきてくださいね。

さて、今回は外構の植物のお話。
外構全体は防犯面もあり公開するのは迷っているのですが、一部だけ。

スポンサードサーチ

入居当時の植栽はおまかせ

門扉から玄関までのアプローチ横の植栽です。
外構の植物はよくわからなかったので、和風の外観に合うように外構屋さんにおまかせ。

可もなく不可もなくという感じで、伸びてきては切るというのを繰り返しもうすぐ3年目。

外構にも目を向ける余裕が出てきたので、お花を植えたりするようになってここも華やかにしたいなと思いました。

伸びてくるとちょっと雑草っぽい感じなんです…特に右端の。
なんていう名前かわかりません!
しかもこの右端というのは門扉の開閉の時に強めに開けると当たってしまうので、植物がわさわさしてくるとクッションになるのですが、葉に傷が入ってあまり見た目もよろしくなくて…

そこで植え替えることにしました!

選んだのはタピアン

近所のホームセンターへ向かい、最初にシバサクラを選んだのですが、すぐ後ろに「タピアン」を見つけました。

「雑草よりも早く伸び、圧倒的な成長力で雑草の生育を抑える」

というフレーズが目に入り、タピアンに変更しました。
早く成長してほしいし、雑草が生えないなら手入れも楽そう!
詳しくは下のサントリーフラワーズのページを参考にしてくださいね。

  参考 タピアン

  • 花が咲いている期間が長いこと(4月〜11月)
  • グランドカバー対応
  • 極めて丈夫

ということも購入の決め手でした。
鉢植えや寄せ植えもできるという育て方が多種にわたっているのもいいなと感じた点です。

画像お借りしました

選んだ色はパープリッシュホワイト。ほんのりピンクがかった白に近い花です。

他には画像左からバイオレット、ローズ、ラベンダーがありました。

ちなみに購入したお店での価格はシバザクラの約3倍でした。

スポンサードサーチ

植え替え開始

右側の傷んだ植物を引っこ抜いて、新しい土を入れました。
塀は家が建った時からのものなので年季入っています。

タピアンだけだと葉が広がり、花が咲くまで寂しいかなと思ったので、少し背の高さのあるバーベナを後ろに二つ。
色は子供達が一つづつ選びました。

門扉を開けて人が通れるくらいに開けた時はこんな感じ。
丈は10cm〜20cmなので少し門扉がかぶるかもしれませんが、丈夫だというので信じて。
もちろん開閉時に気をつけるのはいうまでもありません。3歳娘が力一杯開閉するので気をつけます。

位置を決めたら6歳息子が穴を開け、植え替えます。幼稚園で植え替えを経験しているのでおまかせしました。

植え替えをした日は雨の翌日だったので土が軟らかくてやりやすそうでした。
最後に一応水をあげておしまい。

早く大きくなってお花を咲かせてほしいな〜。

駐車場の三角スペース

門扉をでてすぐ右手に駐車場とゆるく仕切る三角スペースがあるのですが、ここの一部分にシバサクラを植えました。

プランターにはお花がいっぱいなのですが、三角の先端を見るとハゲハゲで。

キャンディストライプというカラーです。

丸をしたところをよく見ると2株植えられています。先端の方すぎるとうまく育たないかなという考えで旦那さんが植えてくれました。
まだスカスカなのでこれからのお楽しみです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です